清水長金属工業株式会社

MENU

沿革HISTORY

沿革 HISTORY
           
1923(大正12)年02月
  • 清水長治郎、「清水長鍍金工業所」の商号にて創業
1937(昭和12)年09月
  • 現在の南区西九条高畠町に本社営業所・工場を新設
  • 溶融亜鉛めっき及びメタライト(リン酸塩防錆加工)を開始
1943(昭和18)年05月
  • 硬質クロムめっきを主体とする「清水長金属防錆工業株式会社」を創設
1944(昭和19)年07月
  • 「清水長鍍金工業所」を法人に組絨変更し、「清水長金属工業株式会社」を設立
1948(昭和23)年10月
  • 「清水長金属防錆工業株式会社」と合併
1969(昭和44)年04月
  • 全自動亜鉛クロメートめっき装置及び半自動装飾めっき装置を新設、稼働開始
1973(昭和48)年11月
  • シアン・クロム総合排水処理施設が完成
1975(昭和50)年01月
  • 全自動回転亜鉛クロメートめっき装置を新設、稼働開始
1980(昭和55)年09月
  • 全自動装飾めっき装置(S.44設備更新)を新設、稼働開始
1987(昭和62)年02月
  • 全自動亜鉛めっき装置(S.44設備更新)を新設、稼働開始
1991(平成03)年01月
  • 全自動回転亜鉛めっき装置(S.50設備更新)新設、稼働開始
1992(平成04)年09月
  • 無電解ニッケル—テフロンめっき(ニムテック)開発、稼働開始
1992(平成04)年11月
  • 京都府中小企業モデル工場に指定される
1995(平成07)年09月
  • 素材別無電解ニッケルめっき装置を新設、稼働開始
1998(平成10)年06月
  • 「アルミニウム及びアルミニウム合金のめっき方法」に対し、特許出願
2000(平成12)年02月
  • 「銅電鋳による電極の製作方法」に対し、実用新案申請
2000(平成12)年09月
  • IS0-9002認証を取得(登録誇証範囲・電気めっき及び化学めっきによる金属表面処理)
2003(平成15)年05月
  • 戦略的基盤技術力強化事業補助金による
    先端光学デバイス創製用ナノフォーミング金型の開発」Ni-Fe合金電鋳技術開発着手
2007(平成19)年12月
  • 精密機能ライン・精密装飾ライン・回転装飾ラインの高度合理化を目的とした統合ラインを新設、稼動開始
2008(平成20)年01月
  • 第9回半導体パッケージング技術展に出展
2008(平成20)年07月
  • 中央労働災害防止協会から無災害記録証銅賞(2100日)を授与される
2012(平成24)年03月
  • 中央労働災害防止協会から無災害記録証銀賞(3150日)を授与される
2012(平成24)年06月
  • 一般財団法人持続性推進機構エコアクション21中央事務局よりエコアクション21認証を取得
2018(平成30)年05月
  • 中央労働災害防止協会から無災害記録証金賞(4750日)を授与される
2018(平成30)年10月
  • 「京都エコノミック・ガーデニング支援強化事業(本格的事業化コース)」に
    「高機能特性硬質無電解めっき:トライボロン」事業計画が採択される
2018(平成30)年11月
  • 左京税務署より優良申告法人表敬状を授与される(優良申告制度初期により継続表敬)
2018(平成30)年12月
  • 「京都府元気印中小企業」に認定される
2019(令和元)年07月
  • 京都市青少年科学センター未来のサイエンティスト蓑成講座継続参画に対し、京都市長から感謝状を授与される
2019(令和元)年12月
  • 「京都市輝く地域企業表彰制度」での「地域企業輝き賞」を授与される
2020(令和02)年01月
  • 特化型機能めっき専用「特殊機能ライン」新設・稼働開始
2020(令和02)年08月
  • 京都市中小企業等IT利活用支援事業に採択される
2020(令和02)年12月
  • 近畿経済産業局より「事業継続力強化計画」の認定を受ける
2021(令和03)年03月
  • 京都市オスカー認定を受ける