トピックス

トピックス一覧 > タイトル

「社会とつなぐ理科教育プログラム」に参画しました(10.11.30)

めっき実習の風景
めっき技術が工業化されている製品の説明風景
京都市立下鴨中学校にいって来ました

昨今、子供たちの理科離れが懸念され、「(独)科学技術振興機構支援プログラム」である「社会とつなぐ理数教育プログラムの開発」に伝統工芸技術が工業化されている業種にめっき技術が選定され参画致し、11月15日(月曜日)に京都市立下鴨中学校で実施しました。今回は「イオン」がテーマであり、如何に体感して「面白さ、驚き、関心」をもって頂き、理科が好きになるような実習になるように中学校の先生と協力し実習内容を精査しました。内容は溶解した金属イオンがマイナス極で金属析出した際、めっき液の色と金属の色が異なる事実を見せる事で合意して実施しました。生徒さんの目の輝き、授業に取り組む姿勢などを鑑み将来が楽しみになりました。微力ながらお役に立てたのではないかと自画自賛した次第です。 最後にご協力頂いた、京都市教育委員会、立命館大学に謝意を申し上げます。